センター概要

京都市高次脳機能障害者支援センターの概要
(京都市地域リハビリテーション推進センターにおける高次脳機能障害者支援の位置づけ等について)

1 沿革  
 本市においては,平成25年10月に策定した「京都市におけるリハビリテーション行政の基本方針」に基づき,平成27年4月,旧身体障害者リハビリテーションセンターの機能を再編し,地域リハビリテーションのより一層の推進と新たに取り組む高次脳機能障害者支援に重点を置く地域リハビリテーション推進センターを開設し,引き続き,障害のある市民が地域で快適に生活できる環境づくりと自己実現のできる社会づくりの推進拠点としました。
 これを受けて,平成27年7月,「高次脳機能障害専門相談窓口」として,同センター内に「京都市高次脳機能障害者支援センター」を新たに設け,高次脳機能障害のある市民とその家族及び障害福祉サービス事業者等支援者の支援に取り組んでいます。
2 位置づけ  
 「京都市高次脳機能障害者支援センター」は,国の「高次脳機能障害及びその関連障害に対する支援普及事業」を実施する支援拠点機関として位置づけられています。
<国の「高次脳機能障害及びその関連障害に対する支援普及事業」>
 この事業は,平成18年度に障害者自立支援法(現在の障害者総合支援法)による「地域生活支援事業」の「専門的な相談支援事業」として整備された事業で,平成22年度までに47都道府県すべてにこの事業を実施する「支援拠点機関」が設置されています。
 「支援拠点機関」においては,支援コーディネーターを配置して,①相談支援,②普及・啓発,③研修,④高次脳機能障害支援普及全国連絡協議会等への参加,を行うこととされています。
3 実施体制
 非常勤嘱託の専門医のほか,保健師,看護師,作業療法士及び心理判定員を配置し,医師を除くスタッフは,「支援コーディネーター」として,利用者と福祉サービス事業所等とのつなぎや調整,サービスの選択や提供のための事業所等の相談員への助言及びカンファレンス等への参加などによる支援に取り組んでいます。
4 支援の基本方針
 高次脳機能障害のある市民が,地域で安心して暮らせるよう,個々の当事者の日常生活や社会生活の困りごとに対して,関係機関や福祉サービス事業所等と緊密に連携しながら個別課題の解決に取り組みます。また,これら個別課題解決の条件整備として,地域において当事者が必要とする福祉サービスを利用しやすい環境づくりと支援のネットワークの構築に向け,福祉サービス事業所等の支援者に対し,専門研修の開催等により,障害特性や対応等の知識と理解の普及を図っていくこととしています。