高次脳機能障害とは

高次脳機能障害とは?
 交通事故や病気などで脳が損傷を受けた後,注意障害や記憶障害などの後遺症により, 日常生活や社会生活に支障をきたすことがあります。
 身体的な障害やケガと違い,脳の損傷は,外からは見えないためわかりにくく, 本人も周囲の人も戸惑います。(発達障害や認知症とは異なります。)

 

主な原因
脳外傷 交通事故や転落などによる硬膜外血腫,脳内出血,脳挫傷,びまん性軸索損傷
脳血管障害 脳出血,脳梗塞,くも膜下出血など
その他 脳炎,低酸素脳症,脳腫瘍など
主な症状
脳損傷の箇所や程度により一人一人,現れる症状は様々です。下記の症状がいくつか重なって生じることも多いです。
記憶障害
物の置き場所を忘れる
新しいできごとを覚えられない
同じことを何度も聞く など
注意障害
ぼんやりしていてミスが多い
ふたつのことを同時に行うと混乱する
作業を長く続けられない など
遂行機能障害
物事の優先順位や段取りが苦手になる
一つ一つ指示がないと行動にうつせない
約束の時間にいつも遅れる など
社会的行動障害(対人面や行動面の問題)
自分からは何もしようとしない
人の気持ちをうまく察することができない
ささいなことでカッとなる
自身の後遺症への気付きが乏しい など
その他
失語  言葉の理解や使用が難しくなる など
失行 道具がうまく扱えない など
失認 物が見えているのにそれが何なのかということが認識できない など