作業体験プログラムとはどういうものなの?

 当センターの専門相談を経て,主に就労に向けた支援の必要性があると思われた方に,模擬的な職場や作業所の環境でいくつかの作業(袋詰めや仕分け,集計作業,清掃等)を行っていただきます。得られた情報から,工夫点を提案し,今後の地域における支援につなげていくことを目的としています。プログラムでは,仕事の丁寧さや正確性,仕事の指示に対する記憶力,計画性等の作業能力を知る機会,代償手段(メモ・記録等)の活用方法,場に適したコミュニケーションの取り方等を経験する機会を取り入れています。

 ・対象は,次のような方です。

  *どんな仕事や作業が良いのか考えたい方

  *どのような就労がいいか迷っている方(一般の就労(障害者枠雇用)か障害福祉サービスの利用の見極め),(就労支援を行う事業所の利用を検討したい)

  *ステップアップを図りたい方  等

  ※事業所利用中でも参加可能です。

 ・日時は,毎週木曜日の午前9:30~11:30です。

 ・期間は,約2か月(8回程度)です。その方の強みや学習効果,どのような支援が必要かを具体的に把握し,工夫点をこれからの生活に活かしていただくため,一定期間の参加をしていただいています。

 ご利用等のお問合せは,当センターの専門相談へお願いします。

2016年3月17日