発達障害や認知症も高次脳機能障害に含まれるの?

 「高次脳機能障害」という用語は,医学的な意味合いでは広く認知機能全般を示すこともあるため,発達障害や認知症も含んで使われる場合があります。しかし,支援や制度の利用を考えるなど行政的な用語としては,国が定めた高次脳機能障害の診断基準において「先天性疾患,周産期における脳損傷,発達障害,進行性疾患を原因とするものは除外する」とあり,区別されています。

 当センターホームページで示す「高次脳機能障害」及び当センターが支援の対象とするのは,国が定めた診断基準に該当する高次脳機能障害の方であり,発達障害や認知症は含まれません。

2016年3月18日